バルト海地域の料理

バルト海地域の料理

バルトの料理の特徴は、通年にわたりライ麦パン、穀物、新鮮な発酵した乳製品、多種多様なチーズなどの特徴があります。春と夏には新鮮な野菜、ハーブ、ベリー、キノコ、魚等を使った軽めの食事になります。秋と冬にはよりしっかりした食事で肉、野菜、豆類、シチュー、酢漬けや塩漬け、和え物、温かくて香りの良いスパイシーな料理が多くなります。

田園地帯に住む人々と都市に住む人々とでは料理の仕方が異なります。田園地帯の料理はシンプルで中身の詰まった物が多く、地元の伝統に基づいて調理されます。ゲストハウスの女性スタッフは自分で調理したものを提供しています。冬に備えた保存食のレシピは世代を超えて受け継がれます。例えばザワークラウトの作り方、魚の燻製の仕方や炙り方、キュウリやキノコの和え方や塩漬けの仕方、ジャムやコンポートの作り方、ベリーの凍らせ方やハーブティーの乾燥のさせ方などです。田園地帯にも高級レストランはあり、シェフは業界の最新トレンドを追っています。

森や海、川から採れた食材は特別な味と栄養価があります。それぞれの国に狩猟と漁の可能な時期を制限する法律・規則があり、環境を保護しています。都市の住民や旅行者は、いつ、どこで、どのように安全に釣りや狩りをし、ベリー摘みやキノコ狩りができるのかに関する情報を知ることも出来ます。フィンランドではよく知られた「自然享受権」というものがあり、土地の所有者が誰かに関わらず全ての森で誰もがベリー摘みやキノコ狩りをすることが許されています。

www.balticseaculinary.com