ラトビア

ラトビア

 verde キェメリ国立公園
ビジターセンター:メジャマーヤ(Meža māja)、キェメリ(Ķemeri)、ユールマラ(Jūrmala)
リガ(Riga)からの距離:45km
電話番号:+371 67146824
ウェブサイト:http://www.kemerunacionalaisparks.lv/

 

キェメリ国立公園は1997年に制定され、リガ湾の浅瀬、生い茂った湖畔、広大な沼地、湿度の高い森、洪水地帯の牧草地とそのほとんどが湿地帯です。この公園は特に鳥が巣を作り、渡り鳥の休息地になるなど動植物を守るのにとても主要な役割を果たしています。ラトビアのレッドブックに記載されている動植物の25%がこの公園で見つかっています。

かつて有名だったキェメリ・スパもこれらの自然の恩恵を受けて発展してきました。キェメリ国立公園にある文化的、歴史的対象物のほとんどが海岸にまつわる物で、人々の余暇や療養の場として親しまれています。

アクティビティー例:

  • ガイド付きネイチャー・トレイルツアー:スロカ湖(Lake Sloka)ウォーキング・トレイル(中心地から3kmを基本として、12km までのツアーが可能)、バードウォッチング、ドゥンブラーイ木道(Dumbrāji trail)550m、整備されたスラムペ川(Slampe River)、牧草地での家畜見学
  • ガイド付きバードウォッチング

短時間に7種類程の鳥類を観察する事ができます。またキェメリ国立公園はきつつきの観察で有名な場所でもあります。秋と春には何千羽もの渡り鳥(ガチョウや鶴)がこの公園で休息し、夜を明かします。

 

 verde ガウヤ国立公園
ビジターセンター: Sigulda regional tourist information
リガ(Riga)からの距離:54 km
電話番号:+371 67971335
ウェブサイト:https://loodusegakoos.ee/where-to-go/national-parks/karula-national-park

 

ガウヤ国立公園(Gauja National Park)は1973年に制定されたラトビア(Latvia)初の国立公園で、環境保護や観光において豊富な歴史があります。公園を流れる川の源流は95kmもの長さがある古代ガウヤ川で、この川は氷河期の氷河が溶けて作られたものと言われています。この場所には全部で900種類ものさまざまな植物が存在します。ガウヤはラトビアではウォーターツアーで最も有名な川です。またガウヤ国立公園はラトビア(Latvia)でもネイチャー・トレイルやツアーにおいて最も適した保護区域のひとつとして定められています。リガートネ(Līgatne)でのネイチャー・トレイルは、バルト諸国でも最も規模が大きく、野生動物が生息する大草原を体験できます。

この公園にはバルト海全域における重要な文化記念物(トゥライダ博物館(Turaida Museum Reserve)   、有名な城の遺跡やセント・ジョンズ教会(St.John’s church)があるツェースィス(Cēsis)の中世の古い町、アライシ(Araisi)のキャッスル湖(lake castle))があります。

アクティビティー:

  • リーガトネ(Līgatne) ネイチャー・トレイルガイド付き散策

散策総距離は5km以上あり、観光客はラトビアの野生動物や鳥類(ノロジカ、イノシシ、熊、きつね、ヘラジカ、オオヤマネコ、ふくろう、ワシミミズク、オーロックスなど)を観察することができます。

  • 菌学者と行くガイド付きキノコ狩りツアー

多種多様なキノコを集めたり、写真を撮ったりしながら森を散策します。

アンズタケ、ベニタケ属、クリイロイグチなど。食用きのこではスカンジナビア料理で有名なポルチーニ、サンゴハリタケなどがあります。キノコ狩りツアーは8月中旬から9月終わりまで可能です。

  • カヌーで渡るガウヤ川 ツェースィス(Cēsis)からリーガトネ(Līgatne)まで17km、所要時間4-5時間のツアー。砂岩の川岸は絵のように美しい景色のひとつです。

 

 verde スリーテレ国立公園
ビジターセンター:SIA Kolkasrags, Brigas, Kolka, Kolkas pagasts, Dundagas novads
リガ(Riga)からの距離:192km
電話番号:+371 67971335
E-mail: kolkacape@inbox.lv
ウェブサイト:http://www.kolkasrags.lv/en

 

スリーテレ国立公園(2000年に制定)は、バルト海の歴史的発展を反映した野外博物館として有名です。1万年前のバルト海氷湖の海岸線より20mから30m高い位置にあるスリーテレのブルー・ヒルからは地質の変動が見て取れます。スリーテレの穏やかな気候の恵みを受け、公園内ではヨーロッパイチイやバルティック・アイビーなど約860もの珍しい植物が見られます。これらの自然の恵みが保護されている背景には、スリーテレに基地や軍事施設を残したソビエト軍の存在があります。軍が存在することにより、現在、スリーテレ国立公園となっている地域の自然は、50年間ほぼ手つかずとなっていました。公園内には、ラトビアの人気観光スポットであるコルカ岬(Cape of Kolka)があります。春には、1時間ごとに6万羽以上の渡り鳥が岬を超えていきます。バルト海の海岸線沿いはリボニアン・コーストと呼ばれ、コルカ(Kolka)からスィグラグス(Sigrags)、そしてウアヴィーシ(Ovīši)へと繋がっています。美しい、人気のないビーチ沿いに、世界一の少数民族であるリボニアンが開拓した漁業の町や文化に触れてみてください。

アクティビティー

  • ガイド付きネイチャー・トレイル

保護された自然価値と景色を紹介しながら0.3-3.5kmの長いネイチャー・トレイルを散策します。

  • ハイキングコース:3-7kmのハイキングコースでは、その土地の自然、歴史、文化的遺産を紹介しながら散策します。
  • 野生動物

スリーテレ国立公園の地理的ロケーションと多様な生物種により公園内には多くの哺乳類が生息しています。フクロウや雄ジカの鳴き声、狼の遠吠えが聞こえるかもしれませんし、ラクーンの匂いや子鹿といるお母さん鹿に遭遇したり、巣作りをするビーバーや霧が立ち込める朝に湖で泳ぐ雄鹿のグループを目撃したりするかもしれません。スリーテレ国立公園に生息する40種以上の動物たちは恥ずかしがり屋なので遭遇できたらラッキーです。広大な自然区域内では様々な種類の動物の生息が可能ですが、同時に動物を目撃するのが困難になります。
スリーテレ国立公園での動物ウォッチングは、ガイド同伴で1から5名までの小規模グループでのみ行えます。