サガディ・マナーホテル

サガディ荘園はラヘマー国立公園の端にあり、冒険の旅に多くの休息の場を与えてくれます。美しい環境下で素晴らしい体験をし、快適な宿泊施設、感動的な料理体験、居心地の良い雰囲気をお楽しみください。サガディ・マナーホテルは、地元の文化、自然の良さに親しむ機会を与えてくれます。

GMPクラブホテル

GMPクラブホテル(GMP Clubhotel)は、プハヤルヴェ(Pühajärve)湖畔のオテパー(Otepää)にある高級アパートメントホテルです。 クラブホテルは、主に高品質のインテリア、現代的技術、安全性と快適性を求める人々を対象としています。

マエタグセ・マナーホテル&スパ

マエタグセ・マナーはEugenius Octave von Rosenが統治していた1796年に建てられました。 その大邸宅は印象的で、豪華な内装が施されています。マエタグセ・マナーには14の建物が今でも残っています。

ケイラ=ヨア城の中のシュロスフォール・ブティックホテル

シュロスフォール・ブティックホテルは、1833年に建てられた歴史的なケイラ=ヨア城の中に建てられ、2014年に改装されました。美しいケイラ(Keila)川沿いに位置し、歴史的な公園に囲まれています。ケイラの滝は、季節に関係なく絵画のような美しい光景です。

ホテル・サーレマー・タラソ・スパ 

マンドヤラ=ヤルヴェ(Mändjala-Järve)の海岸線はその砂のビーチと牧草地で有名で、サーレマー島(Saaremaa island)に来る観光客のほとんどがこのビーチを楽しみにやってきます。サーレマー・ホテル(Saaremaa Hotel)はマンドヤラ(Mändjala)にあり、松林を臨みながら海の音や自然のままの海岸線をお楽しみいただけます。

ぺダステ・マナー 

ペダステ・マナーは、ムフ島(Muhu island)にあります。このマナーの歴史は15世紀までさかのぼり、当時の古い壁はそのまま建物内に残されています。19世紀の鉄鋼製の5つの建物が蹄鉄の形を成しマナーと交わり、そこからバルト海が切り開かれます。このマナーは、22haの牧草地と森林に囲まれた7haの公園に隣接しています。

ヌルカ・ツーリズム・ファーム

ヌルカ農場はパルヌ県(Pärnu County)のルイツェマー自然保護区(Luitemaa Nature Protection Area)の中にあります。100年以上前に建てられた農場内の建物は近代的にリノベーションされています。

モーステ蒸留所ゲストハウス

モーステ・マナー(Mooste Manor) (1909年建設)は、歴史的な蒸留所がリノベーションされた建物でエストニアン・フォト・ツーリズム・センター(Estonian Photo Tourism Centre)の本部でもあります。モーステ蒸留所の2階にあるゲストハウスでは、最新の設備が整った居心地の良いお部屋をご用意しています。

サンガステ城ホテル

イギリスのウィンザー城を原型として建てられたサンガステ城は、エストニアのマナーの中でも独特で、このマナーを建てたフリードリヒ・フォン・ベルグ公爵(Duke Friedrich von Berg)本人と同じように興味深いです。お城の裏手には珍しいデンドロン公園があります。

カウ・マナー

歴史を彩るマナーからインスピレーションを受けて1241年以前に建てられたカウ・マナー(Kau Manor)は、他のマナーとの違いが際立ちます。カウ・マナーは、世界のデザインが優れたホテルに贈られるワールド・ブティック・ホテル・アワードを2016年に受賞しています。

1 2