(EN) Latvia – local experiences

ラトビア

 amarillo 大工の家“ナムダル・ダルブニーツァ”
ウェブサイト: https://www.namdaradarbnica.com

大工の家“ナムダル・ダルブニーツァ”でのワークショップは、特別な小遠足やテーマ別プログラムを提供します。熟練した職人による案内のもと、伝統的な木工道具を使ってみたり、古代のゲームの遊びを教えてもらうことができます。ロマンチックなコテージでお茶を楽しんだり、ネズの木でできたお土産品を購入することも可能です。

プログラムに含まれるもの:

  • ラトビア産の樹木についてや、古くから家庭用のために使われてきた木材について学ぶ
  • 熟練した職人の指導のもと、伝統的な木工道具である2人用の鋸を使う体験や、ナイフや蚤を使って木材を削る体験をする
  • 竹馬のようなものを使って歩くなど、様々な昔の屋外ゲームに挑戦する

________________________________________

 amarillo 白樺樹液の生産施設

1)ラバノヴスキ・ファミリーの白樺樹液ブランド“ビルズィー”(Birzī)

5月から10月までの間、白樺樹液を発泡させる地下貯蔵施設が訪問客に開放されます。

白樺樹液は採れたての4月から5月初めの頃が特に美味しいのですが、そのさわやでフレッシュな状態を維持するレシピをラバノヴスキ・ファミリーが開発しました。これらはオーガニック製品となり、すべてウェブサイトから購入できます。

プログラムに含まれるもの:

  • 春に行われる白樺樹液の採取方法についてビデオや写真で解説
  • 採れたての爽やかなものから発砲したものまで様々なタイプの白樺樹液の試飲、白樺シロップ、白樺やたんぽぽから作るワインの試飲

ウェブサイト: www.birzi.lv

2) リベルツ・ファミリーの白樺樹液プロダクツ

採れたてのフレッシュな白樺樹液を保管する地下貯蔵庫ツアーでは、発酵した白樺樹液レモネード、甘くておいしい白樺樹液シロップ、(発泡性でない)白樺樹液ワイン、瓶内二次発酵方式「シャンパーニュ製法」で造られるスパークリング・ワイン、凍らせた白樺樹液(化粧品および飲料製品用)などの製品を見ることができ、それらはウェブサイトからも購入可能です。

プログラムに含まれるもの:

  • 白樺樹液の採取や飲料製品についての話
  • 様々な種類の白樺樹液製品の試食

ウェブサイト:http://sula.lv/

________________________________________

 amarillo アヅェルヴィエシ・ヘンプ農場
ウェブサイト: http://www.adzelviesi.lv

アヅェルヴィエシ(Adzelvieši)農場では古代農法によってぺンプの栽培が行われ、ヘンプ・シードはバターなどにも使われます。ヘンプはラトビア古代から栽培されている植物で、1000年以上耕作されてきました。ここでは伝統的な農具の展示もされています。

プログラムに含まれるもの:

  • 麻栽培の歴史についての話
  • 伝統的な麻を使った食品の試食: ヘンプ・スプレッド(荒目・細目)、ヘンプ・サンドイッチ、ヘンプ・オイル

________________________________________

 amarillo ヴィエンクアチ・ランドスケープ・パーク
ウェブサイト: http://www.vienkoci.lv/en/

ヴィエンコチュは、リーガトネ川に沿うランドスケープ・パークです。このパーク内には、テーマ・トレイル、マナーハウスの模型、木の彫刻、民族的な建物、ログボート、タール窯などがあります。エコロジカルに建てられた砂の家を見学すれば、その建築哲学とプロセスについて知ることができます。ここには木工芸博物館もあり、ラトビアの歴史的な大工技術が展示され体験できるように整っています。特にログボートを製造するプロセスの研究に力を入れています。

プログラムに含まれるもの:

  • ガイドによるパーク案内
  • ガイドによる木工芸博物館案内
  • オプションのワークショップ

________________________________________

 amarillo アヴアティニ・ハーブ農園
ウェブサイト: http://www.celotajs.lv/en/e/veselibas_augu_ekspozicija

まるで「緑の薬局」にいるかのような野外薬用ハーブ農園には、300種以上もの異なる植物が育ちます。健康的なライフスタイルを目指す人にとって、セラピーやあらゆるハーブの使い方などを学ぶことができるでしょう。例えばサウナで使うほうき(身体をはたき血行を促す)、アロマの香る枕、健康に良いお茶、バス・スクラブなどです。

プログラムに含まれるもの:

  • 薬用植物園とコレクション見学ツアー
  • グリーン・カクテルの試飲

________________________________________

 amarillo インダーニ・ナチュラルファーム
ウェブサイト: http://www.indani.lv

宿泊客はここで自然な農園の暮らしを体験することができます。牛や鶏、ウサギなどたくさんの家畜にと戯れ、昔から使われてきた農具や木工道具の展示、カントリー・サウナもご用意しています。

プログラムに含まれるもの:

  • 田舎の農園生活を紹介するツアー
  • ハーブティーに蜂蜜、人参タルトや伝統菓子などを楽しむティーブレイク

________________________________________

 amarillo キュアニュ水車
ウェブサイト: http://www.konudzirnavas.lv

ここでは19世紀に造られ未だ現役で動く工業機械の見学を提供するラトビアでも数少ない場所です。その機械とは、水車を利用した約100年前に作られた毛糸紡績機で、加工工程を見ることが出来るほか羊毛を使った毛布や枕カバーがどのように手作りされるのかを知ることが出来ます。お土産物の販売もしています。さらにここのオーナーは夏至祭の祝典のオーガナイザーでもあります。

プログラムに含まれるもの:

  • 工場見学ツアー
  • オプション: 伝統的な歌とダンスのパフォーマンス


________________________________________

 amarillo マズブルカス・ブドウと羊農園(Mazburkas Grape and Sheep Farm)
住所: Smārdes pag., Engures nov., LV-3129, Latvia
リガ(Riga)からの距離:67km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 個人/団体
ホスト: グンタ・ニエルダ(Gunta Niedra)
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/mazburkas

 

 

この農園は羊の飼育とブドウ栽培、ワイン製造に特化しています。44.5haの土地と5haのブドウ園、145頭の羊がいます。

ブドウ畑は丘の南斜面にあり、60種類ほどのブドウが栽培されています。ビジターはブドウを収穫するか、すでに収穫されたブドウを購入することもできます。農園の女性が素晴らしいワインを作っており、国際的なものを含めた、様々な権威ある賞を受賞しています。ビジターは羊の群れを見ることができ、事前に予約すれば羊肉を購入することもできます。

________________________________________

 amarillo ヴァイデロテス穀物農園(Vaidelotes Grain Farm)
住所: Jauncode, Codes pag., Bauskas nov., LV-3901, Latvia
リガ(Riga)からの70km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 団体
ホスト: ダイラ・ヤトニエツェ(Daira Jātniece)
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/zs_vaidelotes

 

 

365haの土地の有機農業は、270haの穀物畑(小麦、大麦)、44haのアブラナ畑と豆畑からなります。農園には5頭の牛がいます。この農園では、伝統的なラトビアの生活様式を見ることができ、イースターや夏至祭といった季節の行事が行われています。ホストは、お粥や餃子といった伝統料理や、農園で栽培された全粒小麦粉などの穀物から作ったベーコンパンやペーストリーを出してくれます。ハーブティーやハーブ、田舎の美味しい食べ物なども買えます。この農園は、ラトビアの伝統を保護し促進しているということで、「ラトビア遺産とラトビア料理(Latvian Heritage and Latvian Cuisine)」の称号を与えられています。

________________________________________

 amarillo ワルミエルムイジャ・ビール醸造所(Valmiermuiža Brewery)
住所: 2 Dzirnavu str., Valmiermuiža, Burtnieku nov., LV 4219, Latvia
リガ(Riga)からの距離:109km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 団体
ウェブサイト: www.valmiermuiza.lv

 

醸造所では、ヴァルミエルムイジャ(Valmiermuiža)の井戸水、美味しい麦芽、高貴なホップと天然の酵母の組み合わせから、いかに洗練されたビールが醸造されているのかを体験することができます。見学に欠かせないものは、幅広い醸造タイプについて学ぶことと試飲、ラトビアの伝統的な祝日のお酒についての話を聞くことです。ワルミエルムイジャ醸造所はまた、その歴史的かつ文化的中心としての役割を活性化するために、伝統的なお祝いや、ファーマーズマーケットを運営しています。醸造所のパブでは、近くのブルトニエクス(Burtnieks)湖の魚や、マッシュドグリーンピースとローガンベリーなどの、伝統的なラトビアの旬の食べ物を楽しめます。ここの名物料理は、濾過していない冬のビールに漬けられた豚の薄切りです。ツアーとビールの試飲の所要時間は、1.5-2時間です。醸造所は、ビールの伝統を守っているということで、「ラトビア遺産とラトビア料理」の称号を与えられています。


________________________________________

 amarillo ストラウぺ・ファーマーズ・マーケット(Straupe Farmers’Market)
住所: Pārgaujas nov., Straupes pag., Straupes zirgu pasts, Latvia
リガ(Riga)からの距離:73km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 個人/団体
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/straupes_lauku_labumu_tirdzins

 

ストラウぺ・ファーマーズ・マーケットは、スローフード国際地球マーケット同盟の会員です。マーケットで販売されている商品は、スローフードの哲学(地元で生産された、旬の、高品質の食材)に沿ったものです。それらはきちんとした方法で育成/栽培されました。マーケットに出店している農家は、自身で生産したものを売っており、商品や生産プロセスに関するお客様からのすべての質問に答えられます。マーケットでは様々な食べ物、動物、家禽、植物、苗、手工芸品が売られています。                                                           マーケットは月に2回、第1と第3日曜日に開催されます。国家建築物遺産でもある、改築されたパブの建物で行われます。マーケットは、ラトビアのマーケットの伝統を活性化し維持しているとして、「ラトビア遺産」の称号を与えられています。

________________________________________

 amarillo リエパーヤ手工芸センター(Liepāja Crafts Centre)
住所: Dārza iela 4/8, Liepāja, LV 3401, Latvia
リガ(Riga)からの距離:217km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 個人/団体
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/liepajas_amatnieku_nams

 

ここでは、様々な手工芸職人(琥珀職人、ジュエリー職人、製織業者、裁縫師など)の仕事を見ることができ、また彼らの作品を購入することができます。ビジターは、地元の住人から寄付された琥珀の破片から作られた、世界最長の琥珀ネックレス(123m、19kg)を見ることができます。手工芸センターは、ラトビアの伝統的な手工芸技術を維持しているとして、「ラトビア遺産」の称号を受けています。

________________________________________

 amarillo クルミシ・ハーブ農園(Kurmīši Herb Farm)
住所: Rakuti, Ūdrīšu pag., Krāslavas nov., LV-5601, Latvia
リガ(Riga)からの距離:280km
シーズン: 4月~10月
おすすめの客層: 団体
ホスト: イヴァルス・ゲイバ(Ivars Geiba)
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/zalu_tejas_kurmisi
www.kurmisi.lv

 

 

この農園では、オレガノ、セイントジョンズワート、ワームウッド、レモンバーム、猫の足など、ラトビアで非常に有名な薬草25種類を栽培しています。自然公園のなかにあり、清潔で自然にやさしい環境です。エクスカーションでは、どのように薬草が栽培されるのか、ハーブティーや他の商品がどのように農園で作られるのかが説明されます。エクスカーションの後で、ハーブティーの試飲があります。農園は、伝統的なハーブティーに関する知識とその医学的性質を保全しているとして、「ラトビア遺産」の称号を受けています。

________________________________________

 amarillo ゲイダス酪農農園(Geidas Dairy Farm)
住所: Džūkstes pag., Tukuma nov., LV-3147, Latvia
リガ(Riga)からの距離:65km
シーズン: 5月~9月
おすすめの客層: 団体
ホスト: グンデガ・イェーカブソーネ(Gundega Jēkabsone)
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/geidas

 

 

この農園は、オーガニックの酪農業に特化しています。農園ツアー中に、ビジターは酪農製品がどのように作られるのかを学び、実際にミルク隔離機を使ってバターやクリームを作ったりします。かつて使われていたミルク加工器具や機器の展示室があります。伝統的なラトビアのおやつであるコップ1杯の牛乳とパンとベリージャムの試食があります。ホストは健康的な食事の一部としての牛乳について話し、牛乳に関するラトビアのなぞなぞや迷信を紹介します。この農園は、伝統的な酪農業の保全をしているということで、「ラトビア遺産」の称号を受けています。
プログラムの所要時間: 1.5 – 2時間

________________________________________

 amarillo スクリーヴェル自家製アイスクリーム(Skrīveru Homemade Ice-cream)
住所: 96, Daugavas str., Skrīveri, Skrīveru nov., LV-5125, Latvia
リガ(Riga)からの距離:81km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 団体
ホスト: レルデ・ソトニエツェ(Lelde Sotniece)とその家族
ウェブサイト: www.celotajs.lv/en/e/skriveru_majas_saldejums
www.majassaldejums.lv

 

 

自家製アイスクリームを製造する家族企業です。プロンビエール、クリーム、ヨーグルトアイス、シャーベット、そして今日の料理の「奇跡」と呼ばれるブルーチーズ、セイヨウワサビ、ジャガイモアイスのトマトソース添えなど、様々な種類を作っています。これまでに試したアイスクリームのレシピは80種類以上です。ここの名物は、セイヨウワサビアイスとニシンです。この会社は、食べ物製造に関して、「ラトビア遺産」の称号を受けています。
エクスカーション・プログラム:

  • 家族企業の紹介、その歴史とアイスクリームの種類の説明
  • アイスクリーム作りデモンストレーション
  • アイスクリーム試食:ユニークなアイスクリームの少量ずつの試食(ビール、ジャガイモ、石炭、シャーベット、お菓子ゼフィールのアイスクリームなど)
  • 伝統的なできたてのアイスクリームを楽しむ

________________________________________

 amarillo スクリーヴェル・ミルクキャンディ工場(Skrīveru Milk Sweets Factory)
住所: 2 Daugavas str., Skrīveri, Skrīveru nov., LV-5125, Latvia
リガ(Riga)からの距離:80km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 団体
ホスト: バイバ・ルーセ(Baiba Lūse)
ウェブサイト: http://www.celotajs.lv/en/e/skriverupk
www.skriverugotina.lv

 

 

 

 

ミルクキャンディ工場は、高品質の材料を使い、伝統的なレシピに沿って自家製ミルクキャンディを作っている家族企業です。ラトビアのブランド、「グアティニャ(Gotiņa)」のミルクキャンディを保全しているということで、「ラトビア遺産」の称号を受けています。

エクスカーション・プログラム:

  • 会社とその歴史紹介
  • 伝統的な製造機器の見学と、ミルクキャンディの包み紙コレクションの見学
  • ミルクキャンディ製品の試食
  • キャンディ包み技術の習得。ゲストは包んだキャンディをお土産に持って帰ることができます。

ツアーの後に訪れる工場アウトレットで、幅広い種類の、新鮮な製品を買うことができます。

________________________________________

 amarillo クリンパス羊農園(Klimpas Sheep Farm)
住所: Rūjienas nov., Jeru pag., LV-4234, Latvia
リガ(Riga)からの距離:150km
シーズン: 通年
おすすめの客層: 団体
ホスト: イルゼとヴァルディス・レスカス(Ilze and Valdis Leskas)
ウェブサイト: http://www.celotajs.lv/en/e/zs_klimpas

 

 

オーガニック認定を受けたこの農園では、150頭以上の血統羊が200haの土地で飼育されています。オーナー達は家畜オークションや羊デーなどのイベントを企画します。見学者は農園を見学し、羊について(種類、生態、食べ物や餌のあげ方、羊の飼育方法)学ぶことができます。この農園ではまた、毛布や靴下などの自然な羊毛製品を生産しています。この農園は、伝統的な羊飼育と羊毛工芸技術について、「ラトビア遺産」の称号を与えられています。